スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

母娘おそろいバッグ~こども編♪

新年、最初のハンドメイドは去年からオーダーを受けていた、母娘おそろいのバッグです♪お子さんのほうは可愛らしい姉妹で、姉妹でも大きさを少し変えておそろいでつくりました(#^.^#)
わが子にはぜったいに作らないであろう(笑)とっても可愛いバッグが完成しました(*^^)v

CIMG3038.jpg
キルト地で作ったショルダーバッグです☆

CIMG3042.jpg 
CIMG3040.jpg 

布合わせは、オーダーをいただいたお友達と家でじっくり考えて、お好みの色をチョイスしてもらいました。レースもポイントにつけました。 内布もピンクの水玉でとってもカワイイです♪
キルト地なので、かたちがしっかり出て、プックリとした丸みがとってもキュート」です(*^^)v
パッチ部分はポケットにもなっているのでちょっとしたものも入ります♪

ママのバッグももうすぐ完成!!女の子のものはやっぱりかわいいなあと作っていてつくづく思いました(#^.^#) 

 

昨日は夕方まで用事があったので久しぶりにdaiは幼稚園の託児所に居残り保育をお願いすることにしました。前日の夜にそのことを言うと、「いやーー。居残りしたくないーー。」と泣いて嫌がりました…。
前までは喜んで残っていたのに、理由を聞いても「遊ぶのがいや。」とか「せまいからいや」とか、それらしい理由も言えずにずっと泣いてました。
それでも私が「それは逃げることになるんだよ」と言い、ダンナさんにもdaiと話してもらい、ようやく、「明日頑張って居残りする!」と約束してくれました。

そして次の日。意外に早く用事が終わったので、早めにdaiのお迎えに行ってみると、ちょうどおやつタイムで、daiもうれしそうに食べてたので、それが終わったら帰ろうとしていると、今度はおもちゃを出してきて遊びだし、帰ろうと言ってもイヤといっていつまでたっても帰ろうとしませんでした。
昨日はあんなにイヤイヤ言って泣きわめいていたくせに、いざ早めに来たら今度は帰らないと言ってイヤイヤ。 夕方で私も夕飯の準備などしたかったのでだんだんイライラしてきてしまい、やっとさよならして帰りの車の中、かなーりひどく怒鳴ってしまいました。 
「もうなんなの?? あんなにいやって言ってたのに。 daiのせいで遅くなっちゃったじゃない」など、私の怒りが治まらず、daiを責めて、daiもただただ泣くばかりでした。

家に帰って私も少し落ち着き、連絡帳にdaiが居残り嫌がっていたと書いておいたのでその返事を読んでみました。すると、昼間、先生もdaiとお話してくれたらしく、 『daiくんなりに決意をしたようで、「大きくなるということは、イヤなことにも負けずに立ち向かって、いやなことと戦って勝つこと!」と言い、「そういうこと!よし!」と言って目の色が変わり、なにか心境の変化があったようでした』と書いてありました。

それを読んで私は涙が出てきました。 daiなりに自分をふるいたたせ、イヤなことから逃げ出さずに勇気を出して立ち向かってくれたのに、私はひどくdaiを責めてしまった…。 自分のイライラからdaiにあたってしまった…。 すごく後悔しました。 そしてdaiがそんな前向きなことを言ってくれた事にすごくビックリし、うれしく思いました。
「大きくなるっていうことは」はクラスのみんなが好きな絵本らしく、生活発表会のテーマにもなってました。日頃からこどもたちは「大きくなるっていうことは〇〇ということ!」といろいろ言っているみたいで、でもdaiがそんなことを言うなんて思ってもみませんでした。

その日のお風呂の時間、私は素直にdaiに謝りました。「ママ、さっきはdaiに怒りすぎちゃった。ごめんね。でもdaiのことキライで怒ってるんじゃないからね。 パパもママもdaiのこと大好きだからね」 と言うと、daiはとっても照れくさそうな顔で「うん・・・」と言いました。

最近は私もついつい怒鳴ってばかりで、daiはかなり感受性が強い子なので、ちょっと気をつけようと思いました。でもイヤイヤばかりもだめだから、言うことも聞いてほしいし。 私も悩みながらの子育てです。
でもイヤなことから逃げずに一歩踏み込めたdaiはきっとひとまわり強くなってくれたことと思います(#^.^#)

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ 
    ←ランキングに参加しています。気に入っていただけたらクリックお願いします♪

スポンサーサイト
17:24 | handmade(小物) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。